Welcome to FUKUOKA Touring Rider

バイクツーリングの楽しさを、多くのライダーやバイク・旅に興味のある方にご紹介したいと思います。

私のツーリング

ブログ作成者である私のツーリングスタイルをご紹介します。

自己紹介

16歳で原付免許を取得、18歳で中型免許を取得し、XJ400Zを乗り始めツーリングに目覚めました。
地図を見ながら風景を想像し、実際にツーリングに行ってみて、想像との違いを楽しみつつ、新たな道を探すのも好きです。
まだ、全国津々浦々巡る旅を諦めていません。

福岡を中心に近県のツーリングが多いですが、景色やルートが良い所のご紹介などツーリングレポートを中心につぶやきます。

バイク

若いころは、ネイキッドしか興味がなく、その後荷物が積めるバイクという事でビックスクーターに転向するも、パワーのあるバイクに乗りたくてCB1300SF、もっと荷物を積んで遠くまでツーリングしたくなり、今ツーリングに使用しているバイクは2013年式 ヤマハ FJR1300Aに落ち着きました。

福岡ツーリングライダー情報局

ツーリング動画を中心にYouTubeチャネルを提供しています。
「福岡ツーリングライダー情報局」というチャネル名で、バイクツーリングのリアル感を感じて頂けるように、乗車中のバイクの音や、コーナーリング中のバイクの傾き、ツーリング中に遭遇する出来事をお伝えしていきます。

最新ブログ

最新ブログを3件ご紹介しています。 過去のブログは、一番上のリンクから各項目をご参照ください。

クロスカブ110カスタム(その2:シフトインジケーター)

バイク屋さんから「シフトインジケーター」を取り付ける人が多いとは聞いていましたが、リターン式ギアのバイクを乗ってきた私には、その必要性がわからず、興味もありませんでした。

 

しかし、クロスカブはロータリー式ギアなので、慣れないこともあり戸惑うことが多々あります。

1速と思って信号待ちしていたら、2速または3速だったとか、エンジンブレーキをかけようとシフトダウンしたら1速に入ってしまったとか、4速に入れようとしても既に4速だったとか。

バイク屋さんの言うことはこれだったのか!と「シフトインジケーター」が欲しくなってしまいました。

 

たまたま見つけた「シフトインジケーター」が1万円以下だったので、衝動買いしてしまいました。

Amazonのリンクはこちら

送られてきたのはこんな感じ。

シフトインジケーター

 

内容物を並べてみました。

本体は、長いケーブルと、必要なコネクター類でできていて、取り付け説明書と、結束バンド、両面テープが付属していました。

内容物

 

一緒に買ったのは、シフトインジケーターをハンドルに取り付ける器具です。

Amazonのリンクはこちら

取り付け器具一式

 

取り付け器具一式は、シフトインジケーターと同じメーカーのものなので、安心感がありますが、少し値段が高いですかね。

 

取り付けは、既にコネクターが取り付けてあるので、車体側のコネクターの間に挟み込むだけです。

インジケーターをハンドルに取り付けるために、足元のカバー類を外してしまう必要がありますが、一度設置してしまえばずっと使えるので、自分で取付してみました。

 

カバーを外すこと以外では悩むこともありませんでした。カプラーを取付して配線をして、インジケーターを取付したら終わりです。

 

取り付けた写真がこちら。

ハンドルの右側に取り付けしました。ニュートラルでは「N」が表示されます。

 

「1速」に入れると「1」と表示されます。

 

運転目線からはこんな感じです。

 

夜間に撮影したものがこちら。「ニュートラル」が表示されています。

 

ニュートラル以外のギアに入っている場合は、ギアの番号が表示されます。

 

結果、とても乗りやすくなりました。

今は何速に入っているのかわかるというのはとても便利です。

 

特に信号待ちで、シフトダウンして止まったとしても2速なのか1速なのかはっきりわかるので、1速に落として信号が青になるのを待てます。

走行中は3速なら4速まで上げられるとか、減速するなら2速までとか、迷いもありません。

とっても、便利です。

 

こちらの商品はAmazonで購入しました。

バイク用品店で購入すると15,000円くらいすると聞いていたので、少し安く買うことができました。

 

私の場合は、シフトインジケーター専用取り付けステーを一緒に購入しましたが、取り付け方法を工夫したり、メーターに両面テープで取り付けるなら専用取り付けステーは不要です。

 

シフトインジケーターのAmazonのリンクはこちら

 

専用取り付けステーのAmazonのリンクはこちら

クロスカブ110カスタム(その1:Giviボックス)

クロスカブを購入する際の大前提として、メットインに変わる収納は必須でした。

これまで乗っていたVOXはフルフェイスヘルメットはもちろんのこと、ジェットヘルメットも収納できずに、ヘルメット用の袋に入れてステップ部分に引っ掛けるようにヘルメットロックをかけていました。

また、仕事で移動する際にも、お気に入りの革鞄は折れ曲がってしまうために、持っていくことができませんでした。

クロスカブを買うにあたっては、ヘルメット+αの収納ができること、お気に入りの革鞄2種を入れられる大きさであることが条件でした。

可能であれば、簡単に取り外しができるといいなと思っていましたが。。

 

購入したのはこちら。Giviの「B42N ANTARTICA シルバーパネル」です。

B42N ANTARTICA
B42N ANTARTICA
B42N ANTARTICA

イメージしていたのものより小柄ですが、あまり大き過ぎないこともバランスの問題から必要でした。

容量をカタログで見てみても、クロスカブとのバランスはわかりませんでした。

 

たまたま、候補に挙がっていたこのボックスをバイク屋さんが在庫されていて

取り付けはバイクやさんが行ってくれましたが、固定する場所にかなり苦戦されていましたが、私の希望の位置に設置することができました。

小柄でもあり、ヘルメットといくつかの小さなバッグなら入れることができます。

例えば、ヘルメットとカッパなんかは十分に入れることができましたし、まだ余裕があります。

お気に入りの革鞄2種とも持ち歩くことができるようにもなりました。

 

クロスカブに取り付けた写真です。

横から見ると大きいですね。

走行中に背中に当たることはありませんが、寄りかかって乗ることもできなくはないです。

 

真後ろからはこんな感じに見えます。

これ以上大きいとバランスが悪いかもしれません。

 

少し角度を変えて。

 

大きすぎず、小さすぎず、適当な大きさといえると思います。

 

カブのボックスとしては小さいほうかもしれませんが、形と大きさと車体のバランスからちょうどいいと思います。

 

とても便利です。

しかし、勝手の悪いところもあります。

パンパンに入れようとすると、蓋の噛み合わせ部分のどこかで何かが挟まっているようで、なかなか閉まらないことがあります。

何度もやり直すとできるのですが、少々面倒です。

これは上部が蓋になっているようなボックスならばありえない事なので、大変残念です。

 

それ以外は満足しています。

Amazonのリンクはこちら

ハンターカブの新色に揺らぐ。。

ホンダより2021年10月19日にCT125(ハンターカブ)の新色追加が発表されました。

ニュースリリースのページはこちら

 

画像はホンダのニュースリリースより引用

そして、私の心は揺らいだという訳です。

本当は「ハンターカブ」を注文しにバイク屋さんに行ったら、クロスカブが置いてあり衝動買いしてしまったという経緯があり、心の中では「ハンターカブが欲しかった」と思い続けていたのでしょう。

それまでのハンターカブには「グローイングレッド」という赤色と、「マットフレスコブラウン」という砂色の2色展開でしたが、そこに私の好きなグリーンが追加となったのです。

 

悔しさのあまり、家族に「ハンターカブにグリーンが追加された!」とつぶやいて、「そんなら買い換えたらいいやん!」と満場一致だったのですが、バイク屋さんに電話してみると、やっぱり納期はかかりそう。。

 

翌日、クロスカブ110に乗ってみると、やっぱりしっくりくる。

自分では気づいていないのかと思いますが、意外に気に入っているのですかね。

クロスカブ110、いいなあと。

 

そういう訳で、わがクロスカブ110は、だんだん乗り慣れて使い勝手も良くなってきました。

大きなメーターが嫌だとか、ハンドルが高すぎるとか、マフラーが嫌だとか思っていましたが、それもあまり気にならなくなってきました。

 

それより慣れてきて乗りやすさ、使い勝手の良さなど、ジワジワとお気に入りに変わり、少し気になる部分のカスタムも始めましたので、それは次回以降にご紹介したいと思います。

 

クロスカブ110は乗り続けます。