Welcome to FUKUOKA Touring Rider

バイクツーリングの楽しさを、多くのライダーやバイク・旅に興味のある方にご紹介したいと思います。

私のツーリング

ブログ作成者である私のツーリングスタイルをご紹介します。

自己紹介

16歳で原付免許を取得、18歳で中型免許を取得し、XJ400Zを乗り始めツーリングに目覚めました。
地図を見ながら風景を想像し、実際にツーリングに行ってみて、想像との違いを楽しみつつ、新たな道を探すのも好きです。
まだ、全国津々浦々巡る旅を諦めていません。

福岡を中心に近県のツーリングが多いですが、景色やルートが良い所のご紹介などツーリングレポートを中心につぶやきます。

バイク

若いころは、ネイキッドしか興味がなく、その後荷物が積めるバイクという事でビックスクーターに転向するも、パワーのあるバイクに乗りたくてCB1300SF、もっと荷物を積んで遠くまでツーリングしたくなり、今ツーリングに使用しているバイクは2013年式 ヤマハ FJR1300Aに落ち着きました。

福岡ツーリングライダー情報局

ツーリング動画を中心にYouTubeチャネルを提供しています。
「福岡ツーリングライダー情報局」というチャネル名で、バイクツーリングのリアル感を感じて頂けるように、乗車中のバイクの音や、コーナーリング中のバイクの傾き、ツーリング中に遭遇する出来事をお伝えしていきます。

最新ブログ

最新ブログを3件ご紹介しています。 過去のブログは、一番上のリンクから各項目をご参照ください。

「石焼きビビンバ」を目的にタンデムツーリング

「そういえば、バイクに乗ってないな」と思い出し、この週末までに急ぎの仕事の目途が立ったことを理由に日曜日はバイクに乗りたい思うようになりました。

前日に妻に話してみると、まんざらでもない様子。

 

よし、小国のそばを食べに行こう!と、早寝しようとするも寝るのが少し遅くなり、早起きのできない私たちらしく、朝寝坊してしまいました。

「ちょっと、今からでは小国は遠いよね」と弱気の私。

休みの日は少し早めに(17時くらいに到着)帰ってきたいのです。

 

しかし、ここで弱気になりツーリングができないのは困る!

じゃ、「石焼きビビンバ」食べに行こうか!と、気を取り直してやっと行く気になり出かけました。

 

本日のルートは下記の地図の通り。

「福ふくの里」という物産販売所に寄って、伊万里の「チングとここで」という韓国料理店で石焼きビビンバを食べ、同じく伊万里の「UME PAN」というパン屋さんでパンを買い、その隣のカフェ「LIB COFFEE IMARI」でラテを頂き、天山、北山ダムを通りかえってきました。

 

まず最初に立ち寄ったのが「福ふくの里」。

ここは魚をさばいて頂けるのでよく買いに来るところですが、今回は魚は「ヒラメの刺身」と、野菜を買いました。

 

「買い物ができない」という妻の意見がありサイドケースをつけたのを思い出します。

片方のサイドケースは野菜でいっぱいになりました。

 

202号線バイパスを通り西九州自動車道を抜けて伊万里へ向かいます。

今日は風が強くかなり風にあおられました。

 

やっと到着した目的の「チングとここで」という韓国料理店では「石焼きビビンバ定食」を頂きました。

今回2回目の訪問ですが、前回訪問した時に人生で初めて「石焼きビビンバ」を食べた記念すべき店です。

 

あまり韓国料理に興味がわかない私ですが、ここの石焼きビビンバは大変おいしいです。

期待して訪問した今回もとてもおいしくいただきました。

 

予定では隣のカフェにいくつもりでしたが、前回訪問時に閉まっていたパン屋さんが開いているので訪問してみました。

屋根付きの駐車場があり助かりました。「刺身」を積んでいるのでできるだけ温まらない方がいいです。

 

何かの作業場のような建物の奥に小さなパン屋さんがあります。

ちょっとおしゃれですよね。

 

看板も素敵です。

 

そんなに人数は並んでいなかったのですが、なかなか入店できませんでした。

その理由がこちら。

コロナ対策で1グループごとの入店となっていました。

これは安心ですね。

 

あまり調理パンや菓子パンを食べないので、普通のパンを少しだけ買ってきましたが、これがどれもおいしい!!

そんなことならもっと買っておけばよかったと後悔してしまいました。

おいしいパン屋さんだとわかったので、次回はもっと買ってきます!

 

そして目的の2つ目だったカフェにも訪問しました。

カフェは「LIB COFFEE IMARI」といいます。

今回ではなくずっと前のツーリング時にコーヒーが飲みたいと検索して見つけたお店です。

 

お店は築100年以上の建物を利用されていますが、そんなに古くは感じません。

 

店内は白を基調にしたデザインで、ゆったりと座れるスペースが確保されていました。

 

私がシナモンカフェラテ、妻がハニーシナモンカフェラテを注文しましたが、こんなに素敵なラテアートで出てくるとは思わなかったので、とても新鮮でした。

 

食事のあと、カフェタイムもゆっくりと過ごしたので、ここからもゆったりと田舎道を走って帰路に向かいます。

田舎道にふさわしく、ぼんやりとした雲が大きさや形を変えながら、でも前方にしばらく浮かんでいました。

 

平地では暖かくても天山のあたりはかなり冷え込んでいました。

メッシュジャケットを着ていたので妻はとても寒かったようで、何か着るものをもっていくべきでした。

その後、厳木から天山の脇を抜けて嘉瀬川ダム、北山ダムの横を抜けて福岡に帰ってきました。

走行距離:169km

燃費:17.7km/L

気分転換ちょいツーリング(背振)

今日明日は事務所にこもって仕事を進めないといけない。。。と思いつつ、朝の空は快晴!

そういえば、当面ツーリングに行けるような日程は思い当たらず、もしかしたら今日はツーリングのチャンス?

すぐに準備してすぐに出かけました。

早々に帰ってきて、少しでも仕事を進めないといけません。

となると、あまり遠くには行けず、近所で気持ちよく走れる場所でと、なんとなく南畑ダムの横を抜け、五ヶ山ダムまできました。

南畑ダムは満水だったのに、五ヶ山ダムは水が減っていました。

なにか理由があるのでしょうね。

 

この五ヶ山ダムができたときには、逆にこちらの五ヶ山ダムが満水で南畑ダムがカラカラのときもありました。

 

ダムに注ぐ川も少ししか流れていませんでした。

 

昔の道はどこへ沈んだのやら。

あんまり記憶が有りませんが、このあたりを通って坂本峠の旧道へと車を走らせていたのを思い出します。

 

五ヶ山ダムから、板屋峠を超えて「入部中原停車場線」という小さな峠をまた超えて、早良区の脇山というところに降りてきました。

あっという間に短いツーリングも終盤です。

 

板屋峠以降の後半は道が狭く荒れて曲がりくねっているのでスピードは控えめに。

短時間ながら満足なひとときとなりました。

走行距離:56km

燃費:18.06km/L

福岡からの日帰りツーリング(波戸岬)

日々、いろいろとあります。
頑張らなくてはいけないときもあれば、息抜きしないといけないときもあり、この日は「気分転換が必要」な日でした。

前日になり「明日、ツーリングに行こう!」と急に思い立ちました。

平日の朝に市内を走るのは仕事をさぼっているような(本当にさぼっているのですが。。)気持ちになってしまうのであまり好きではありませんが、今日ばかりは良しとしましょう。

一気に福岡から離れてしまうために西九州道を一気に走り、唐津を抜け波戸岬を目指します。

 

 

なぜか、ほとんど寄り道をしなかったので、写真もほとんど撮っていなかったようです。

帰ってきてあまりの写真の少なさに驚きました。

下の写真は波戸岬の駐車場ですが、丘の上にカップルがいてその姿が微笑ましかったので撮影しましたが、「点」にしか写っていませんね。

 

 

サザエとカキを焼いて頂きました。

いつもながら本当に上手な焼き加減ですね。

 

 

カキ焼きといえば、殻が破裂したり、炭の灰をかぶったりしますが、ここではそんなこともなく、おいしい焼き立てのカキがいただけます。

 

 

厳木方向に回り、厳木ダムの横を通って天山の前から古湯温泉を通過して嘉瀬川ダムで休憩しました。

 

 

嘉瀬川ダムの東側ルートは左右のワインディングだけでなく、アップダウンも激しいのでまるでジェットコースターに乗っているかのようです。

 

 

走行距離:198km

燃費:18.52km/L