FJR1300Aにスマホホルダ取り付け

FJR1300Aを購入して以降、ポータブルナビを取り付けたり、スマホホルダーを取り付けたりと旅の道案内役となるナビ機器をハンドル周りに取り付けてきました。

ハンドル周りにナビがあると、とにかく見やすいという利点があります。

一方で、私の場合はハンドル左側がナビとレーダー探知機がありゴテっとしていることやタコメーター(見てないけど)が見えにくくなっていました。

理想はハンドルの中央部分に取り外しが容易なスマホホルダがあるといいなと考えていましたが、そんな都合のいい商品はあまり市場には出回っていませんね。

 

ある時、Webike(ウェビック)からのメルマガでこの商品の存在を知りました。

詳細が記載されていませんでしたが、調べてみると「キジマ」から販売されている「テックマウント」という商品のようです。

ハンドルステムに取り付ける部品と、その部品に取り付けてスマホを保持する部品の二つに分かれています。

片方だけ購入してもスマホは取り付けられませんのでご注意してください。

 

まず、バイクのステムに取り付けるマウント「キジマ(Kijima) テックマウント ステムマウントキット 4G FJR1300 TM-410998」はこちらの写真です。

取り付け説明書と、ステムマウント本体と、六角レンチが2本付属していました。

アルミ製でしっかりとした造りです。

 

こちらは、上記の「ステムマウント」に、「キジマ(Kijima) テックマウント TECHグリッパー 4G TM-4TGP」というスマホを保持するグリッパーを取り付けた写真です。

しばらくこの状態でスマホを取り付けたり、振ったりしてスマホの保持状態を確認していました。

 

背面から見た写真です。

取り付けの角度は制約されますが、おおむね好きな方向で固定する事ができました。

 

さて、取り付けですが、このステムの上のナットを取り換える必要があります。

しかし、このナットはステムの下にあるボールベアリングの締め付け強度にも影響するので、バイク屋さんに依頼しました。

 

取り付けてもらった写真がこちらです。

スマホを横向きに取り付ける事ができるようになりました。

 

別の角度からも見てみましょう。

ちょっと飛び出ていますが、バイク用のナビとしては理想の位置に取り付けることができたと思います。

他のスマホホルダはスマホ全体を保持するものが多いですが、これは長辺を掴む構造になっています。

スマホを取り付けてかなり振ってみましたが、ずれる事も外れることもなく強力に保持できていると思います。

用心は必要ですが、少々の振動では外れる事はないと思います。

 

スマホでナビをしている時は画面が明るく常時点灯するのでバッテリーの消耗が激しいですが、私の場合はシガーライターに充電器を差し込み、L型のライトニングケーブルでスマホを充電しながら走行しています。

1日程度のツーリングならば、バッテリーが切れてしまう事も有りませんでした。

取り付け画像1

 

こちらは、ライダー目線でハンドル周りを撮影したものです。

レーダー探知機に若干隠れてしまいますが、スマホ画面は十分に確認ができて、メーター類も隠れなくなりました。

走行中もとても見やすい位置です。

ライダー目線から

 

何よりナビとして見やすい位置にスマホを取り付けできたこと、今までタコメーターがスマホに隠れて見にくい状態でしたがそれが解消された事、シンプルな取り付け器具になったことなどメリットの多い商品でした。

バイクのステムに取り付けるマウントはこちら「キジマ(Kijima) テックマウント ステムマウントキット 4G FJR1300 TM-410998

スマホを保持するグリッパー「ステムマウント」に、「キジマ(Kijima) テックマウント TECHグリッパー 4G TM-4TGP

FJR1300Aの車検完了(3回目)

バイク屋さんからの「車検案内のはがき」を見て、今年が車検である事に気が付きました。

2013年式の私のバイクは今年で3回目の車検です。

 

しかし、今年は数回しかバイクに乗っていないので、何か部品が悪くなっているような事もあまり想像ができません。

事実、バイク屋さんからは、ほとんど見るところ(診断する箇所)はないよねと言われていました。

 

数日で車検は終わり、私の手元に帰ってきましたが、ほとんど基本料金で済んでしまいました。

 

平日にお引き取りに行ったので、遠くにはいけませんが、近所の油山に駆け上り「片江展望台」から福岡市を見て帰ってきました。

 

片江展望台からの福岡市

バイクは飾っておくものでも、置きっぱなしにするものでもなく、乗ってこそ価値があるというものです。

次回の車検の時には、よく走ったねぇと言われるようにバイクを活用したいと思います。

私のかかりつけバイク屋さんは「バイクショップ福大東」さんです。

動画をYouTubeに投稿しました「Non立寄りツーリング」

ただただ走っただけのツーリング動画です。

遠方にツーリングに行けないまま「梅雨入り」してしまいましたが、梅雨があけたら「猛暑」がやってくるのでしょう。

しかし、本当にバイクには乗れていないので、今年は熱く(あえて暑くではなく)ても、ツーリングにはいきたいと思います。

糸島へショートツーリング

リアタイヤを交換にバイク屋さんへ

もう少し持つかと思っていましたが、ふとリアタイヤを見ると既にスリップサインが出ていました。(フロントタイヤは、昨年11月に交換済み)
今日の糸島ツーリングはタイヤ交換がきっかけでした。

よく見ると、他にも溝の部分はゴムがめくれていました。

さすがに、もう使用できる限界を超えたでしょう。
バイク屋さんに取り置きして頂いていた「T31」に履き替えました。

新しいタイヤ(T31)

タイヤの銘柄は前のタイヤと同じ「T31」ですが、今回は重量車向けのGTスペックではなく通常のタイヤです。
どの様に違うのかわかりませんが、今後の事もあるので試してみたいと思います。

前のタイヤはほぼ1万kmを走ったので、持ち具合も気になります。

糸島へタイヤ慣らしツーリング

タイヤ交換が終わったのは17:30過ぎ、だけど少しタイヤの慣らしをしたいと思い糸島まで行ってきました。

今津から大原海岸を走り、西浦に行きます。

ギリギリ夕日が沈む前に海岸に到着しました。

夕日は、もっと赤みがあったのですが、上手く表現が出来ませんでした。
もう少し撮影の勉強をしなければなりませんね。

「#ジハングン」とは?

西浦に久ぶりに来てみると「インスタ映え」を狙ったスポットができていました。

こんな鉄板をくりぬいたオブジェとか。

大きなブランコとか。

夕食は「こまどりうどん」

「こまどりうどん」といううどん屋さんがあるのは知っていましたが、訪問したことがありませんでした。

初訪問のこまどりうどん、なかなかにメニューが充実していて、麺は細身ですが、しっかりとした出汁がとても美味しいうどんでした。
「こまどりうどん」にも通わないといけませんね。

今年最後の福岡からの日帰りツーリング(伊万里)

今年も残す所、あと1週間程度となり、予定を考えるともうツーリングに行く日がないかもと、寒い日でしたが思い切ってツーリングにでかけました。

行先は妻を連れて行くので「伊万里の海鮮丼」という食べ物目的のツーリングです。
もちろん私は海鮮丼よりツーリングです。

コースは福岡から三瀬峠(トンネル)をこえて天山スキー場の前を通り、厳木へ抜けて202号線経由で伊万里へ向かいました。

帰りはひたすら佐賀市を目指し一般道を走り、東背振トンネルを通って帰ってきました。

三瀬では、最近お気に入りのパン屋さん(ベルボワーズ)でパンを買います。

今日の目的地となった「伊万里の海鮮丼」とは、「とろ作」さんです。

何度もこの店の前を通っていましたが、目に入らず訪問する事はありませんでしたが、 今回はGoogleさんに「海鮮丼」を検索して頂きこの店を見つけました。

店に入るとほぼ個室ばかり、私たちも8人は入れる個室に2人で利用させて頂きました。

注文したのは店の名前がついた「とろ作海鮮丼(1,380円)+天ぷら(300円)。

海鮮丼の刺身はバラなのでこの値段で食べられるのだと思いますが、黄身醤油にわさびを溶いてかけて食べると海鮮丼は絶妙な味で大変満足です。

天ぷらもサクサクで美味しく、締めには「鯛茶漬け」として別のご飯が入った茶碗を持ってきて頂き、右端にあるごまだれのかかった鯛の刺身を乗せて出汁をかけて頂きました。

2度の美味しさを持つ海鮮丼です。大満足でした。

帰り道では、佐賀市方向に向かっていると大きな楠が見えたので、行ってみると「川古の大楠公園」というのがありました。

何人か先客がいると思って近づいていくと、案山子でした。だまされました。

佐賀市を抜けて東背振に向かう途中で、先日食べた「ぼたもち」を思い出してまた買いに行ってきました。

今回はおすそ分けできるように5個入りを2個買ってきました。

お土産にというより自分用におすすめです。

走行距離:196km

燃費:18.08km/L