12月 2017アーカイブ

福岡からの日帰りツーリングコース(生月島)

年内最後に「走り納めツーリング」に行こうと思っていて、友人を誘って2台でツーリングに行ってきました。

※・・・GPSログを取るのを忘れていたので復路のみのログです。

 

最初に向かったのは、「星鹿 城山展望台」です。

ほとんど道案内がないので、事前に調べておく必要があります。

突然見えてくるのが、こちらの展望台です。

 

登ってみると一番上はこんな感じです。

 

もちろん、景色は遠くまで見えるはずですが、今日は霞んでいました。

 

行きかうフェリーが見えたり。

 

何かの養殖場でしょうか?

 

そして、生月大橋を通って「生月島」に入ります。

 

目的地は一番奥の「大バエ灯台」です。

 

低く小さな灯台ですが、こちらも景色は抜群のはず。。。今日は霞んでいました。

たくさんの釣り人がいました。

 

反対側はダイナミックな景色が広がっています。

 

帰りは島の西側のルートを通ります。

いろんなCMで使われたこの景色は曇っていても、迫力があります。

 

お昼は「大気園」という「あごだしラーメン」のお店です。

 

こちらは「あごだしラーメン(750円)」

期待はしないでください。この地域の食事処は少ないのでこの店に多くの人が集まっているのでしょう。

 

次は私も初訪問の「川内峠」です。

 

 

近くの丘に登ると遠方まで見えるはず。。。やっぱり霞んでいます。

 

今日はヤマハ車2台でのツーリングでした。

 

帰ってきて洗車をして大事にカバーをかけて今年の楽しいバイクツーリングに感謝しました。

走行距離:322km

燃費:18.93km/L

「インパクト 可倒式アルミビレットレバーセット」を取付けしました。

いらんこと「Webike!(ウェビック)」を見ていたら、セールで安くなっていたので、ついポチってしまいました。

ブレーキレバーとクラッチレバーのセットです。

あまりに安かったので、ダメ元と思っていましたが、しっかりとした箱に入って届きました。

 

レバーの作りも雑ではないです。

というかかなり美しい。

 

早速、クラッチレバーから交換します。

 

クラッチレバーにはクラッチの油圧を押す部分に金具が使われており、元のクラッチレバーから外して新しいレバーにはめ込む必要があります。

根本部分の赤丸にある銅色下部分です。

 

窪み部分を合わせてレバーを取り付けします。

 

こちらがクラッチレバーの交換後です。

 

純正レバーと長さは変わりませんが、レバーのカーブが異なります。

これは実際に操作をしてみて感触を試してみたいと思います。

 

次にフロントブレーキレバーの交換です。

 

こちらは、部品の交換もなく、そのまま取り付けができました。

見た目はまあまあではないでしょうか。

レバー本体の色をグレーにしましたが、自然な色ではないので黒にしておけばよかったと少し残念に思いました。

 

また、Webike!のコメントにいくつか適合しなかったバイクのコメントが記載されていましたが、私のFJR1300(2013年式)には穴のズレもなくしっかりと取り付けることができました。

高価なレバーは1万円以上もするので、安価なもので試したいという方にはおススメです。

 

追伸

純正レバーとレバーの形が異なっていましたが、これが手になじみとても扱いやすいです。

値段の割には見た目も良く、操作もしやすいのでとてもお勧めです。

IMPACT インパクト/【アウトレットセール対象商品】可倒式アルミビレットレバーセット【特価商品】
IMPACT インパクト/【アウトレットセール対象商品】可倒式アルミビレットレバーセット【特価商品】 FJR1300