2017年10月21日アーカイブ

FJR1300用ハイスクリーン

FJR1300を購入してからというもの、長い事我慢してきた「ハイスクリーン」をやっと購入しました。

まあ不自由がないという訳ではありませんでしたが、純正のままでも何とかなるもので我慢もできたわけです。

でも、ハイスクリーンだとどんな風に違うのか興味がなかったわけではありません。

長さが10cmほども長くなるわけですから、特に高速走行時には効果が表れると思います。

まずは取り付けした違いを見ていただきたいと思います。

標準スクリーンとハイスクリーンを比較してみましょう。

比べて見ると長さがかなり違います。

では取り付けたスクリーンの比較です。

まずは純正スクリーンを下げた状態を正面から。

こちらはハイスクリーンを下げた状態。やはり長くなっているのがわかりますね。

純正スクリーンを下げた状態を横から。

ハイスクリーンなだけに長くなっています。

次は乗車した状態でライダーの目線です。こちらは純正スクリーン。

こちらはハイスクリーン。見た目より長さが全然違います。

ではスクリーンを目いっぱいに上げた状態で比較してみましょう。

こちらが純正スクリーンを上げた状態を正面から。

ハイスクリーンを上げた状態。スクリーンが上に伸びている様子がわかりますね。

純正スクリーンを上げた状態を横から。

ハイスクリーンを上げた状態。

ライダー目線で純正スクリーン。

こちらはハイスクリーン。

取り付けはまずこのねじを外します。

カバーを上方にずらすと取り外せるので、その下に表れるねじを外してスクリーンを取外します。

スクリーンの交換は10分もかかりません。

簡単な作業です。

一般道ではスクリーンを下げた状態でも十分に防風効果を感じました。

冬場の長距離や雨の日などには効果を発揮してくれる事でしょう。

アマゾンとWebikeで価格が微妙に違いますし、時期によっても値段が変わりますので、どちらも確認して獲得するポイント等も考慮の上、ご購入ください。

こちらはアマゾンの商品リンクです。

YAMAHA(ヤマハ) ハイスクリーン FJR1300 Q5K-YSK-078-R01
ヤマハ(YAMAHA)

こちらはWebikeの商品リンクです。

YAMAHA ヤマハ ワイズギア/ハイスクリーン
YAMAHA ヤマハ ワイズギア/ハイスクリーン FJR1300

福岡からの日帰りツーリングコース(西海)

今回もバイクで出かける事だけは決まったものの、行先がなかなか決まらない。

それでも西方向に行く!と決めて出発しました。

 

西方向の候補とは平戸、佐世保、西海といくつもあるので、まあどれでもよさそうです。

途中で休憩した「道の駅伊万里」から西海方面の有力目的地である「伊達本舗」に電話すると「今日も営業している」との事。

その電話で行先が決まりました。

 

もう何度も行っていますが、いつ行っても満足度は高いままです。

刺身の大きさ厚さ、見えない部分までぎっしりと詰まったこの「五島灘丼(1300円)」は、とても美味しくいただきました。

「伊達本舗(店舗名:ミラマール)」の「食べログ」ページはこちら

 

帰りには西海橋のたもとにある魚屋さんで「あじの刺身(小ぶりの2尾を調理して頂いて290円)」や「かますとアジの開き(開いて塩して頂いて300円)」など、新鮮な魚をその場で調理して頂いて持ち帰り、美味しくいただきました。

以前もかますを塩していただいた時の塩加減が絶妙だったので、今回も寄り道したというわけです。

この他、野菜や梨やミカンにお菓子類など、このバイクがお買い物号と呼ばれるほどの買い物ツーリングになりました。

 

行った先での食べ物や買い物は旅の満足につながりますね。

 

走行距離:290km

燃費:20.39km/L