2月 2015アーカイブ

ヘルメットの処分に躊躇していると・・・。

夫婦2人しかいないのに、ヘルメットが7個にもなってしまいました。

 

このうち3個(左上の白、その横のグレー、その下の金)は処分予定ですが、雨が降ったり駐輪場にバイクをとめる時に持ち出したり

新しく購入したヘルメットを大事にすると、つい古いヘルメットを使ってしまいます。

 

思い切って処分するしかないですね。

Vino 色い~ろ選べるキャンペーンでヘルメットを頂きました。

いろいろと事情があって、妻のバイクを買い替えました。

この時期はバイクがあまり売れない時期、というか春になればバイクは急に売れ出すので、その前のこの時期は比較的

バイクが売れない時期ですが、逆に新型車種やマイナーチェンジがされたばかりなので、いろんな車種と色を選ぶ事が

できます。

これが3月や4月になってくると、メーカーにも在庫が少なくなってきますし、中古車も玉数が減ってきて、いわゆる

売れ残りしか買えないことになりかねないので早めがいいのです。

 

今回もVinoの色を決めるにあたって、3台も取り寄せてもらい気に入った色を選ぶ事ができました。

カタログの色は分かりにくい上に質感までは表現できないので実車を見て決める事をお勧めします。

Vinoの詳細については後日ご紹介をしますね。

 

さて、妻も何年もバイクに乗っているので、ヘルメットやらウェアやらの用品は揃っているのですが、今回のVinoには

なんとヘルメットが付いてくるとか?!

確かにキャンペーンは見ましたが、ヘルメットプレゼントの対象車種とは認識していなかったので驚きました。

 

そして頂いたヘルメットがこちら。

サイドのシマシマのストライプはVinoと合わせたデザインのものです。

 

逆方向から。

 

後ろから。

 

更に、バブルシールドがついていて、シールドの開閉までできるようになっていました。

プレゼント品とはいえ、まともな商品だったのにも驚きました。

通常は1万円以上の定価がついている商品なのでお得感がありますね。

 

ただ、この寒い季節にこのヘルメットをかぶるとシールドがあるにも関わらず、シールドがない状態と変わらないほど顔面に風を受けてしまいます。

構造上、完全に風邪をシャットアウトできるわけではないので、その覚悟は必要です。

 

ちなみに、ショーエイやアライのジェットヘルはここまで風を巻き込みませんし、フルフェイスならもっと防風性は高いので、どうしても「耐えられない!」と

いう方は、別のヘルメットを検討されてみるのもひとつの手段だと思います。

 

 

ヤマハ Vinoのホームページはこちら

RSタイチのレインスーツ(RSR035)

妻のレインスーツを買いに近所のバイク用品店に行ってきました。

レインスーツは濡れてみないと真価はわからないので選ぶのが非常に難しいですが、安価なものより少し値の張るものの方が

極端に快適性が上がると思っています。

 

今回選んだレインスーツはRSタイチというバイク用のウェアを販売しているメーカーで作りがいい商品が多数あります。

お店の方に勧められたうちの一つで、防水透湿の軽量な生地を使用していてさらに撥水加工までされているそうです。

 

登山用品にあるような非常に軽量な素材ですが、透湿機能を持っている事でレインスーツの裏側が濡れない特徴があります。

 

走行中の快適性まではわかりませんが、着た印象はなかなかいいようです。

 

こうなると早く濡れて効果を試してみたいもので、辛口批評の妻がなんというか楽しみです。

RS TAICHI [ アールエスタイチ ] ドライマスターX コンパクトレインスーツ [ RSR035 ] シルバー [ XL ]
RSタイチ(RSTAICHI)