ヘッドライトのLED球が故障、LEDも球切れあり?

走っているときに、メーター内にあるハイビームのインジケーターが完全に点灯はしていないようだけど薄く点灯しているように見えました。

見えにくいけど、ニュートラルとABS表示の間です。うっすら青く見えます。

なんか気になったまま走っていましたが、自宅に戻ってきてみるとヘッドライトが片目点灯の状態であることがわかりました。

原因はこれだったかと。

球切れのようでも、完全に電気系統が遮断されたわけではなくて、想定しない部分に電気が流れてしまっているのでしょう。

早めに正常な状態に戻してあげたいですね。

 

写真では完全に消えていますが、チラチラ光ろうとしていますが、ほぼ消えている状態ですね。

そこで、早速調べてみると、 既に7年ぐらい経過していることがわかりました。

電球切れのないLEDといってもそろそろ寿命のようです。

 

そんなわけで、新しいLED球に変えてもらいました。

当然ですが、しっかり光っています。

壁に照射状態を写してみました。これがロービームです。下半分が広範囲に広がっていることがわかります。

そして、こちらが ハイビームです。

LED球の場合は、ロービームとハイビームを切り替えるのではなく、ロービームに加えて、ハイビームのLEDが光る仕組みになっています。

これでしばらくLED球の交換は必要ないことでしょう。ちょっとした一騒動でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です