ブリジストンT30GTへタイヤ交換(FJR1300)

ブリジストンT30GTへタイヤ交換(FJR1300)

純正のメッツラーZ8Mを使ってきましたが、最近は編摩耗によるハンドルの切れ込みが激しく、コーナーを抜けるのが不安なほどでした。(内側の手でハンドルを強く抑える必要がありました)

 

走行距離9959kmにもなるので、スリップサインは出ていませんが、タイヤを交換する事にしました。

そこで候補ですが、消耗品なのでできるだけ安く上げたいので、旧型のセール品から物色を始めました。

 

セール品の候補だと、ピレリAngel ST、ダンロップRoadSmartⅡあたりが満足する価格なんですが、減りとグリップのバランスがわかりませんでした。

いくつかのお店でお店の方にお聞きすると、重量車なので重量車向けのラインナップがあり、評判のいいピレリのAngel GT(STの後継)を勧められました。

 

しかし、ある店で注文するとメーカーにも年内は入荷なし、やむなく同じ重量車向けラインナップのあるT30(Evoではない方)に決めました。

 

フロントはT30の通常のものとパターンまで違うそうです。

 

そしてフロントのサイドウォールに「GT」の文字が。

 

リアはまだ溝が残っていましたが、前後交換をしたいので一緒に交換しました。

 

リアにも「GT」の文字があります。

 

前後とも重量車向けの「GT」に交換しましたが、やはりカーブでのハンドルの切れ込みはなくなり、自然なセルフステアで曲がっていきます。

皮むきの状態なので性能を発揮するまでには至りませんが、感触はなかなかいいです。

 

タンデムのフルパニア状態で違いを感じられるとうれしいですが、遠出はしばらくないので、近所を走りながら様子見をします。

mohiro

18歳で中型自動二輪を取得し、4台のバイクを乗ってきました。 バイクは「ツーリング」を最も楽しんでいます。 地図を見て、その地に向かう。 バイクで少しばかりの冒険を楽しんでいます。 私が行ったツーリングコースが、皆様の次の冒険先になるようにとこのブログをはじめました。 バイクで冒険に出かけましょう。