FJR1300にGIVIのモノロックケースを取付

FJR1300にGIVIのモノロックケースを取付

FJR1300を購入する前からこれだけは取付しようと思っていました。

 

ちなみに、FJR1300純正のサイドケースは購入していませんし、取り付ける予定もありません。

理由はサイドケースが前方の車幅より飛び出している事が、すり抜けや狭い所の走行に支障があると思うからです。

YouTubeでもサイドケースを引っ掛けて転倒する動画が公開されていました。私も多分同じ事になりそうです。

 

さて、GIVIのパニアケースは、ヘルメットが2つ程度入る大型のモノキーケースと、ヘルメット1個+αのモノロックケースの

2種類のケースがあります。

取付ベースもモノキーケース用とモノロックケース用とが準備されていて、車種別に用意されているものもあります。

まずはGIVIのホームページで適合する取付ベースを検索してみてください。

注意!・・・取付ベースが異なるとケースの取付はできませんので、十分にご確認いただいて自己責任でお願いします。

 

今回は今まで持っていたモノロックケースを取付できるように、取付ベースはE228Mを注文しました。

これはモノロックケース用

GIVI(ジビ) GIVI スペシャルキャリア E228M 70173
デイトナ(DAYTONA)

 

こちらはモノキーケース用です。

GIVI(ジビ) GIVI スペシャルラック E228 70174
デイトナ(DAYTONA)

 

では、取付です。

FJR1300のリアカウル部分はアルミ製の頑丈なベースがついています。

 

ここに見える3本のネジを取り外します。

 

そこに取付ベースキットに付属のスペーサーを置きます。

テールカウル中央の後方にあるネジの部分にはもっとも厚いスペーサーを置きます。

 

スペーサーの上に鉄製のサポートをネジ止めします。

 

最後にプラスチック製のベースをサポートの上に置いて4箇所をネジ止めします。

横の隙間から十分に作業ができます。

 

これで完成です。取付自体は10分もかからないと思います。

 

横から見た状態です。

あまりかっこいいとは思えませんが、GIVIのケースをつけるには必要なので仕方ありませんね。

 

ケースを取り付けてみました。

さすがにしっかりと取付できました。

揺すってみましたが、グラグラすることもなく走行への影響はほとんどないです。

 

ケースの形も色もバイクのデザインに合いませんが、荷物を積むためと思って妥協するしかないですね。

しかし、少々の荷物やお土産を運ぶのには全く不安がなくなりました。

mohiro

18歳で中型自動二輪を取得し、4台のバイクを乗ってきました。 バイクは「ツーリング」を最も楽しんでいます。 地図を見て、その地に向かう。 バイクで少しばかりの冒険を楽しんでいます。 私が行ったツーリングコースが、皆様の次の冒険先になるようにとこのブログをはじめました。 バイクで冒険に出かけましょう。