クロスカブ110カスタム(その5:チェンジロッドサポート)

チェンジロッドサポートって何するものか?と思っておりましたが、カブの場合はリターンシフトのシャフトが長すぎるためにこれを保持する器具と考えてもらったらいいと思います。

 

シフトチェンジをする際に、強く下側への圧力がかかるので、このシャフトを保持しておくパーツですが、 このパーツがない場合にひどいときはシャフトが下側へ曲がってしまうと言うこともあるそうです。

 

似たような商品に「 シフトガイド」と言う商品がありますが、値段が3倍ほど高いためにこちらを選びました。

劇的な効果は無いかもしれませんが、内容はマシかなと言うことで取り付けをしました。

 

商品のパッケージはこちらです。

 

パッケージに入っている商品はこちら。

チェンジロットサポート本体と取り付けのネジ、それから取扱説明書です。

 

先ほどご紹介したシフトガイドと言う商品はチェンジロッドの保持する箇所にベアリングを使っていますが、私が買った「チェンジロッドサポート」は、チェンジロッドを通す穴が空いているだけです。

念の為、耐水のグリスを買ってきて塗って取り付けました。

 

まずは取り付け前の チェンジロット部分の状態を見てみましょう。

長いチェンジロッドの先にチェンジペダルがついています。

そりゃ、ガンガンチェンジペダルを踏んでいれば、曲がるかもしれませんね。

 

チェンジペダルを取り外してみました。

シャフトが長いですよね。

 

チェンジロッドサポートを取り付けてみました。

チェンジシャフトを途中で支えているように見えますね。

 

取り付けた結果、少しはギアチェンジがしやすくなったと思いますが、ほんの少しの効果です。

しかし、構造上は付けないより付けた方が良さそうですよね。

それで良いではないですか。

10年以上経過して、曲がっていたなんてことにならないように、対策はしておいた方が良いと思います。

 

Amazonのリンクはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。