クロスカブ110カスタム(その3:USBポート)

クロスカブ110カスタム(その3:USBポート)

ハンドルにスマホを固定できるようにしていますが、ツーリングとまで言わないまでも、道案内をスマホのナビを使っている時に電池切れになってしまうと困るものです。

そこで、USB電源は必要と思っていました。

買ってきたのは「デイトナ バイク用 USB電源 5V/2.1A バッテリー接続 常時通電 USB-A 1ポート」です。

基本的にスマホの充電をしたいだけなので、1ポートで良いと判断しました。

内容物はこちら。少し長めの配線関係と本体、固定用のバンドが入っていました。

 

USB端子はこちら。

ハードカバーが付いていて、しっかりと閉じる事ができます。

 

横から見るとこんな感じです。

フタは両端を持って引出し、上に開けると開けられます。

 

一方、電源はバッテリーの前にあるコネクターから取り出します。

電源はクロスカブ専用の「ACC分岐ハーネス」を使って取り出しました。

クロスカブのシートの前側にあるバッテリーの全面にコネクタがあり、ここにカプラーをつなぐだけで電源を取り出すことができます。とっても便利。

ちなみに赤いキャップを外してカプラーにつなぎますが、アクセサリー電源用にカプラーが用意されているので、なにかの配線の途中に割り込ませるわけではありません。(説明が下手で申し訳ない)

電源ハーネスにUSBコネクタの電源を接続し、アースを接続したら接続完了です。

USBコネクタはハンドルに取り付けしました。

防水らしいので、キャップを閉めておけば、大丈夫のようです。

 

拡大するとこんな感じです。

目立たなくていいです。

 

キャップを開けるとUSB-A端子が見えます。

 

以下の画像はAmazonのリンクです。

mohiro

18歳で中型自動二輪を取得し、4台のバイクを乗ってきました。 バイクは「ツーリング」を最も楽しんでいます。 地図を見て、その地に向かう。 バイクで少しばかりの冒険を楽しんでいます。 私が行ったツーリングコースが、皆様の次の冒険先になるようにとこのブログをはじめました。 バイクで冒険に出かけましょう。