クロスカブ110カスタム(その1:Giviボックス)

クロスカブ110カスタム(その1:Giviボックス)

クロスカブを購入する際の大前提として、メットインに変わる収納は必須でした。

これまで乗っていたVOXはフルフェイスヘルメットはもちろんのこと、ジェットヘルメットも収納できずに、ヘルメット用の袋に入れてステップ部分に引っ掛けるようにヘルメットロックをかけていました。

また、仕事で移動する際にも、お気に入りの革鞄は折れ曲がってしまうために、持っていくことができませんでした。

クロスカブを買うにあたっては、ヘルメット+αの収納ができること、お気に入りの革鞄2種を入れられる大きさであることが条件でした。

可能であれば、簡単に取り外しができるといいなと思っていましたが。。

 

購入したのはこちら。Giviの「B42N ANTARTICA シルバーパネル」です。

B42N ANTARTICA
B42N ANTARTICA
B42N ANTARTICA

イメージしていたのものより小柄ですが、あまり大き過ぎないこともバランスの問題から必要でした。

容量をカタログで見てみても、クロスカブとのバランスはわかりませんでした。

 

たまたま、候補に挙がっていたこのボックスをバイク屋さんが在庫されていて

取り付けはバイクやさんが行ってくれましたが、固定する場所にかなり苦戦されていましたが、私の希望の位置に設置することができました。

小柄でもあり、ヘルメットといくつかの小さなバッグなら入れることができます。

例えば、ヘルメットとカッパなんかは十分に入れることができましたし、まだ余裕があります。

お気に入りの革鞄2種とも持ち歩くことができるようにもなりました。

 

クロスカブに取り付けた写真です。

横から見ると大きいですね。

走行中に背中に当たることはありませんが、寄りかかって乗ることもできなくはないです。

 

真後ろからはこんな感じに見えます。

これ以上大きいとバランスが悪いかもしれません。

 

少し角度を変えて。

 

大きすぎず、小さすぎず、適当な大きさといえると思います。

 

カブのボックスとしては小さいほうかもしれませんが、形と大きさと車体のバランスからちょうどいいと思います。

 

とても便利です。

しかし、勝手の悪いところもあります。

パンパンに入れようとすると、蓋の噛み合わせ部分のどこかで何かが挟まっているようで、なかなか閉まらないことがあります。

何度もやり直すとできるのですが、少々面倒です。

これは上部が蓋になっているようなボックスならばありえない事なので、大変残念です。

 

それ以外は満足しています。

Amazonのリンクはこちら

mohiro

18歳で中型自動二輪を取得し、4台のバイクを乗ってきました。 バイクは「ツーリング」を最も楽しんでいます。 地図を見て、その地に向かう。 バイクで少しばかりの冒険を楽しんでいます。 私が行ったツーリングコースが、皆様の次の冒険先になるようにとこのブログをはじめました。 バイクで冒険に出かけましょう。