気分転換ちょいツーリング(背振)

今日明日は事務所にこもって仕事を進めないといけない。。。と思いつつ、朝の空は快晴!

そういえば、当面ツーリングに行けるような日程は思い当たらず、もしかしたら今日はツーリングのチャンス?

すぐに準備してすぐに出かけました。

早々に帰ってきて、少しでも仕事を進めないといけません。

となると、あまり遠くには行けず、近所で気持ちよく走れる場所でと、なんとなく南畑ダムの横を抜け、五ヶ山ダムまできました。

南畑ダムは満水だったのに、五ヶ山ダムは水が減っていました。

なにか理由があるのでしょうね。

 

この五ヶ山ダムができたときには、逆にこちらの五ヶ山ダムが満水で南畑ダムがカラカラのときもありました。

 

ダムに注ぐ川も少ししか流れていませんでした。

 

昔の道はどこへ沈んだのやら。

あんまり記憶が有りませんが、このあたりを通って坂本峠の旧道へと車を走らせていたのを思い出します。

 

五ヶ山ダムから、板屋峠を超えて「入部中原停車場線」という小さな峠をまた超えて、早良区の脇山というところに降りてきました。

あっという間に短いツーリングも終盤です。

 

板屋峠以降の後半は道が狭く荒れて曲がりくねっているのでスピードは控えめに。

短時間ながら満足なひとときとなりました。

走行距離:56km

燃費:18.06km/L

福岡からの日帰りツーリング(佐世保)

今日のツーリングの目的地は佐世保。

そう、佐世保バーガーを目指してのツーリングです。

「佐世保バーガー」で検索すると多くの店舗が出て来ますが、そのうちのひとつを目的地にして出発しました。

福岡からは二丈浜玉道路を通り、そのまま西九州自動車道を走り唐津を通り過ぎます。

こちらの写真は鏡山が見えてきたところです。

 

西九州自動車道は伊万里の少し手前にある「伊万里東府招インター」まで伸びていますが、有料道路ではなく現在は無料で通行する事ができます。

伊万里をすぎると正面に見える国見峠に向かう国見道路を登っていきます。

ぐんぐん標高を上げてこんな景色が見えるまでになりますが、峠にあるトンネルを抜けると佐世保方面に下っていきます。

 

なんだかんだで佐世保市街地を抜けて「佐世保バーガー本店」に到着しました。

 

近くの道路からは入りこんでいますが、看板があるので迷うことはないでしょう。

可愛らしい看板が出迎えてくれました。

 

九十九島が見える少し高台に位置しています。

 

注文した佐世保バーガーです。

とてもカブりつけるような大きさではありません。。

 

そりゃそうでしょう。

美味しい食べ方が掲示されていました。

そのまま食べるのではなく、押しつぶして食べるそうです。なるほど!

 

いくつか観光したうちのひとつ「展海峰」をご紹介します。

 

広めの駐車場があり、そこから少し歩きます。

 

小さな展望台に登るとこの景色です!

 

違う方向も見て見ましょう。

 

小さな展望台の下でも十分に九十九島の景色が見られます。

 

佐世保からの帰り道、少し疲れたのでカフェで休憩する事にしました。

GoogleMapで「カフェ」を検索し、帰り道にあるこのカフェを探して見つけました。

 

店内はほぼ満席、でも私達が座る程度の席は空いていたので先に席を確保して注文しました。

甘いものとアイスコーヒーはよく合いますね。

 

走行距離:243km

燃費:18.03km/L

2月になって今年初ツーリング(みやま、大川)

暖冬といわれていて、暖かい日もたくさんありましたが、諸事情によりツーリングに行けないままでした。

 

天気予報では「晴れ」でしたが、遠方に行くのはあまり気が乗らず、妻の希望も叶えないとというわけで「道の駅みやま」に買い物に行こう!と提案し、すんなりと行先が決まりました。

しかし、朝起きるのも遅ければ準備にも時間がかかり、出かけるのが遅くなってしまいました。9:40発

都市高速と九州自動車道を通って「みやま柳川」まで行きました。

 

早速「道の駅みやま(がまだしもん)」に向かいました。

ここの道の駅はたくさんの地域産の新鮮野菜が安く販売されているというので、到着したタイミングでは、ごった返した店内でした。

 

まあ、バイクというのを忘れてしまうほどたくさんの野菜を、「料理」をイメージしながら買ってしまいました。中でも「つぼみ菜」はわさび風味が楽しめるという事で、「えびと一緒にアヒージョ」にして頂きました。

 

さて、次に向かったのは来る途中に看板が出ていた「百花園」という梅の花が飾ってある場所です。

 

なんと入場料が500円と安くはないですが、その分楽しむしかないでしょう。

梅の花とその下もピンクの花びらがたくさん落ちていました。

 


 

入口には「樹齢230年」という盆栽が置いてありました。

果たしてこれはいくらなのでしょうか?いろんな時代を見てきたのかと思いながら太い幹や葉の裏側を眺め、手入れを続けてこられた事に素晴らしいと言わざるを得ません。

 

 

梅の花もいろんな色が咲いていましたが、まっすぐに伸びる枝が不思議でなりませんでした。

 

盆栽も切りそろえられた葉を見ながら、角刈り頭を思い浮かべてしまいました。私には盆栽は無理かもしれません。

 

室内にもたくさんの梅の鉢が並んでいます。大小さまざまですが、これを動かすのは大変でしょう。

陽にも当てないといけないでしょうから、どうされているのか気になってしまいました。

 

そろそろ腹が減ったという事で、この近所のお店を教えてもらいました。

ふじ乃や 季心堂」さんというそうです。

 

お昼に行ったので、駐車場は満車でしたが、聞くとテーブル席で良ければOKとの事で、テーブル席に座ります。

 

 

注文したのは「うな丼(1,080円)」でした。イメージは「蒲焼」の「うな丼」でしたが、ここは期待を裏切り卵とじのうなぎ丼がでてきました。(残念)

しかし、食べても食べてもうなぎが出てきて見た目以上にたくさんのうなぎが入っていて、美味しくいただきました。

 

この後は、大川から佐賀方面にかけて家具屋さん巡りをして帰路に向かいます。

写真は筑後川にかかる昇開橋です。

 

せっかく近くに来たからと、最近気にいっている「ぼたもち」を買って帰りました。

好きな「五ヶ山ダム」の展望台で少し休憩をして自宅へと向かいました。

走行距離:157km

燃費:18.67km/L