簡単手入れでバイクをきれいに![PR]

バイクをいつもきれいに保ちたいと思ったことはありませんか?

バイクは、野外に置いている場合が多く汚れがつく環境にあることや、車のように表面が洗いやすい形状ではないので、どうしても放置してしまいがちです。

しかし、放っておくと、汚れがとれないばかりか、溜まった汚れの部分に水分が付着したままとなり、やがてそれがサビの原因になることも多いです。

バイクに限りませんが、汚れは即拭き取っておくことが重要です。

 

さて、そんな面倒なバイクの汚れ対策ですが、わたしのやっている汚れ対策についてご紹介します。

 

1、手軽に拭き取りできる「フクピカ」を活用

 まず最初にご紹介するのは「フクピカ」という車用の「ウェットティッシュ」のようなものです。

濡れているので簡単に拭き取りできますし、拭き取ったあと汚れたシートはそのまま捨てることができます。

とにかく汚れを感じたら、これで拭き取るだけでもきれいになりますし、汚れ除去に役立ちます。

 

FJR1300の場合は、ツーリングに行くたびに帰ってきたら車体全体をこの「フクピカ」で拭き取りします。

カウル部分やタンク、ホイルに至るまで、全体をこのフクピカで拭き上げて、汚れを取ります。

2、手軽に簡易な撥水コーティング

 スプレーするだけで、驚くほど撥水効果が得られるスプレーです。

簡易コーティングなので、長期にわたって持続はしませんが、表面の撥水コーティングをしてくれるので、フクピカで汚れを拭きとった後に、こちらのコーティングを行っています。

若干輝きも増しているように思います。

作業は簡単で、スプレーを下の写真のようにバイクに吹きかけて、タオルで拭き上げるだけです。

拭き上げたあとに水をかけると、見事な水玉となって流れていきます。

この撥水効果は、あまり長期間持続しませんので、洗車の際に使用するコーティングとして考えられるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です