クロスカブ110カスタム(その4:モリワキメガホンマフラー)

クロスカブにはとても優秀なマフラーが付いていて、これが驚くほど静かなんですね。

しかし、残念なことに、通常のスーパーカブと同じマフラーをクロスカブにもつけていて、デザイン上のバランスが悪い。

マフラーは絶対に変えようと思っていました。

最初はヨシムラのアップマフラーに決めていたんですが、あちらこちらのYouTubeを見ていると、音がうるさそうなんです。

最近は静かなバイクに乗り慣れているので、あまりうるさいのは自分自身が抵抗あります。

 

さて、 注文していたマフラーが届きました。

意外と大きな箱です。

 

しかし、開封してみると中はスカスカ。

マフラー本体と取扱説明書が入っていました。

 

この銘版が欲しかった!

 

写真では少し移っていますが、「モリワキ」ステッカーはステッカーではなくアルミ板のようなもので貼付けられていました。

マフラーの出口は小さいですね。

 

取付して、1ヶ月ほど経ったある日、マフラーを見てみると保護フィルムがはがれそうになっていました。

もちろんシャリッとはがしました。

 

肝心の取付したマフラーを見てみましょう。

 

かなりのショートマフラーです。

音はあまり大きくありませんが、逆に「排気の抜け」はあまり期待できないようです。

実際に性能アップは体感できませんでした。

 

この角度からは見る機会も多いでしょう。スイングアームに近いような気がしますが、マフラー側に倒したわけではなく正常な状態です。

 

全体の写真がこちら。

いい具合に黒でまとまっているので、デザインのバランスはいいと思います。

 

これは、また別の日の写真です。

 

こちらもまた別の日の写真です。

 

音は適度な音量(大きくはない)と音質はまあ良いと思います。

加速の時だけでなく、シフトダウンの時にもマフラーを交換したことを感じさせる音が響くので、ギアを変えるのも楽しいです。