タイヤ空気圧を正確に測る為に「エアゲージ」を購入しました。

今まで使っていた「エアゲージ」はこちら

ガソリンスタンドでエアーを高めに入れて、このエアゲージで測りながらエアーを抜いて目標値にセットする方法でバイクや車のエアーを調整してきました。
しかし、ガソリンスタンドの空気圧表示と、このエアゲージの空気圧表示が違う事が多く、このエアーゲージの空気圧表示の信頼性に疑問がわき、新しい「エアゲージ」を買う事にしました。

そして選んだのがこちら。
「エトスデザイン」という会社から販売されている「Y-AG400」という品番の「エアーゲージ」です。

Webike(ウェビック)のレビューが良かったので、それを参考にさせて頂いて選びました。

パッケージから取り出すと、意外にホースが長いです。

本体はシンプルで適度な間隔のメモリ表示と大きさです。

ホースの先端は90度の角度が付いた「チャック部分」は根元がホース側と別に回転するので、エアバルブの角度に関わらず比較的自由にチャックを押し当てる事ができました。

空気圧を図ると計測値で針が止まるので、しっかりと数値を確認する事ができます。また、チャックをエアバルブに押し当てたままこのリリースボタンを押す事で、エアバルブからチャックを離すことなくタイヤからエアーを抜く事ができるのは大変便利です。

今まで使っていたエアゲージと比較したところ「20kPa」程度の差があったので、新しいものに変えて良かったと思います。

ETHOS エトスデザイン/究極エアゲージ(400kPa)


ETHOS エトスデザイン/究極エアゲージ(400kPa)

超便利グッズ「スイングアームリフトスタンド」

いやーこれを見つけた時には驚きました。

こんな便利用品が市販されていて、これがこんなにも安いなんて!!

個人的には、ツーリングに行くと帰ってきて必ずバイクをキレイに整備してカバーをかけます。汚れを付けたままにしないという事を徹底しているわけなんですね。
そんな時に困るのが前後のホイールです。
私のバイクは3本スポークなのですが、ホイールを回しながらリムとスポークと拭き上げるのにホイールを回さなくてはならず、これが結構な力が必要なんです。
特にリアホイールはセンタースタンドを立てていないと動かないのですが、この「 Unit ユニット/スイングアームリフトスタンド 」があれば、センタースタンドをわざわざ立てる事なくホイールを回す事ができますし、車種によってはセンタースタンドの無い車種もありますので、とても便利なグッズだと思います。

Unit ユニット/スイングアームリフトスタンド


Unit ユニット/スイングアームリフトスタンド